今まで無秩序に行ってきたメンテナンスを改善し長期計画を作成したり、計画通りにいかなかったメンテナンスの原因を追究し、改善するなど様々なニーズにお答えします。

7  メンテナンス改善 提案

決まった予算から仕様や塗料を考慮して今期にメンテナンスできる範囲を計算することができます。

6  予算面からメンテナンス範囲を逆算する

仕様やメンテナンス間隔、仮設にかかる無駄なコストなど、これらをトータルで考え、より良い方法を検証する事ができます。

5  トータルコストを考慮してより良い仕様を設計する

メンテナンスを何年おきに行うのか確定させることにより、仕様や塗料を設計することができます。

4  メンテナンス期間をきめて仕様を決める

塗料や仕様を確定させて、この先のメンテナンス間隔や都度の必要コストを算出することができます。

3  仕様を確定させてトータルコストを知る

メンテナンスの回数を減らすということは仮設などの無駄が減るということになりトータルコストは減少します。しかしながら1回のメンテナンスで長期保護が可能な塗料仕様を採用することとなり、1回のメンテナンス費用は増加します。

2  メンテナンスの回数を減らしたい

この場合は一回メンテナンスにかかる予算を少なくするため塗料の性能や仕様を下げる必要があります。そうなると耐久性が劣りますので次のメンテナンスまでの間隔を縮める必要があります。結果、低コストではあるがメンテナンスサイクルが早いということとなり、足場などの仮設が発生する場合はロスが増えてしまいます。

1  今期の予算が少ない場合

戻る
会社経営者様や建物管理者様ぜひお問合せを!
これは工場やプラント設備などでよくある問いかけです。塗装には様々な種類の塗装系があります。それは用途によっても変わりますが耐久年数も異なってくることから2回・3回・4回と塗替えすることを視野に入れれば複数の提案ができます。例えば「塗替回数を減らす代わりに耐久年数の長い塗料を使用する」など考え方は様々です。

どこが劣化してどこが悪くてどうして
は分かりますが・・・
長期メンテナンスの観点からみれば、どの仕様や改修方法
が資金的に合理的なのかわからない?選択肢は?

長期メンテナンス計画書のページ