重防食塗装とは・・・橋梁や鉄塔・煙突や設備機器などを劣悪な環境から保護することが主な塗装目的となります。鉄鋼物の錆や腐食を劣悪な環境からどのように防ぐのか、施工はどのような点に注意すれば良いかなどを理解した専門の作業員が必要となり、また専門の計測機器が必要となってきます。塗装環境や施工場所は高所や特殊工場や石油精製所など特殊環境となりますので、品質管理が重要となります。また特有の構内ルールや安全規則を理解した作業員でなければトラブルやクレームが多発します。よって当社では専門の作業員を配置して品質管理・技術・安全の全面からサポートしています。

塗装といっても種類は多岐にわたります。当社ではトータルで塗装全般を請負

える体制になっております。 技術面は当然のこと、安全面や品質管理、検査

体制を充実させコスト面との両面から皆様のサポートができるよう努力してお

ります。営業内容は以下の通りです。

塗装作業に必要な足場や養生もトータルでお引き受けできます。仮設とは主たる工事のサポートですので、なるべく低コストで、尚且つ作業性・安全性に優れたものでなければなりません。

ただ単に塗装しただけでは塗装目的は達成されません。塗装前の下地処理が非常に大切なのです。建築塗装であれば塗装面の凹凸処理や目地処理、入隅処理、出隅処理によって意匠性が左右されます。金属塗装や重防食塗装では局部電池を減らすためになるべく平滑にしなければ発錆を防げません。このように下地処理は重要な工程となりますので当社ではトータルで施工・請負いしております。

一概に建築塗装といいましても様々あります。新築工事に伴う塗装、住宅の内外装塗替え、改修工事に伴う塗装など多岐にわたります。特徴としましては意匠性を重視した塗装が主となりますので、金属塗装や重防食塗装とは異なった作業手順・養生方法・塗装方法となります。よって当社では専門の作業員を配置し、検査体制を充実させています。

重防食塗装では下地処理であるケレン作業が品質を左右します。どんなに塗料が発達してもケレン作業が不充分であれば効果を発揮できません。様々あるケレン工事から塗装環境や仕様・目的に応じたグレードやケレン方法を選択し、お客様のニーズにお答えしていきます。

建築塗装とは違い、主な塗装目的は防錆・防食となります。よって防錆・防食の知識や資格が必要となってまいります。錆や腐食をどのように防ぐのか、施工はどのような点に注意すれば良いかなどを理解した専門の作業員が必要となります。また塗装環境や施工場所は工場や石油精製所など鋼構造物が多い場所となりますので、特有の構内ルールや安全規則を理解した作業員でなければトラブルやクレームが多発します。よって当社では専門の作業員を配置して技術・安全の両面からサポートしています。