検査にも専門機器が必要!!
チェックポイント

住宅やマンション、集合住宅、ビルディングなどの外壁は躯体保護も勿論のこと意匠性を重視します。よって様々な模様や性能、特徴をもった吹付材があります。現在では飛散防止の観点からローラーブラシにて施工できる材料が増加してきましたが、吹付け独特の模様だしや質感を要求する場合、もしくは吹付け施工しかできない場合も多々ございます。当社はこのような吹付工事にも対応するためのノウハウや技術を習得し、充実した検査体制でサポートしております。大まかな種別は下絵をご参照下さい。

吹付工事には大別すると以下の2種類となります。 技術面は当然のこと、

塗料の飛散予防や品質管理、検査体制を充実させコスト面との両面から皆様

のサポートができるよう努力しております。営業内容は以下の通りです。

外壁への吹付施工とは違い金属塗装や重防食塗装でのスプレー施工の目的は次のようなことです。ひとつは刷毛やローラーブラシにて塗装すれば時間がかかりコストも増大してしまうため。ひとつは防錆や防食にひつような塗膜厚を確保するため。以上の他にもスプレー施工する目的はありますが主たるものは以上の2点です。これにも独自の技術や注意点が必要となり、尚且つピンホール検知器や膜厚測定器などの検査機器が必要となってきます。検査にも専門知識が必要なのです。