@ はっきりした数量を把握できていない。もしくは、「これくらいの数量な

ら金額はこれくらいだろう」といったドンブリ勘定である可能性がある。

このようなケースは業者の原価管理の意識が薄いと考えられます。
A 見積りは手早く簡単にと考えている。

これは一見効率良く思われがちですが、それは違います。

現地での調査が詳しくされてない可能性があります。
このようなケースは

工事が開始されてから追加請求が多くなる恐れがあります。
B 昔からの慣習で工事は万円単位といった考えから、無意識に「一式」表現

となる。
このようなケースの業者はコスト削減意識が薄いことが考えられ

ます。
C 詳しい数量と単価の算出が面倒である。

このような業者は何をやっても面倒がって、お客様の「ニーズ」「要望」

にお応えしようといった責任感が薄いことが考えられます。

このような見積りには以下のような心配が予想されます。

あくまで予測なので参考程度にご覧ください。

これらは「悪意」「善意」の問題ではありません。

善意であっても「昔ながらの慣習で」とか「商売上これ

が普通」などといった業者本位の体質に原因があります。

お客様本位でニーズや要望に対応していくためには、

より親切な対応やサービスが求められています。

※これらはあくまで一例です。こういった例に当てはまらない
 優れた業者様もいらっしゃるので、参考程度にご覧下さい。