1  天井を塗り替える。

2  壁を塗り替える。

5  額縁などの木部を塗り替える。

改修方法にはクロスの張替え、ボードの取替えなど色々ありますが、低価格でリニューアルさせたい時は塗替えがベストでしょう。(塗装以外の改修はリフォームページを参照して下さい。)塗れないものもありますがほとんどの素材が塗り替え可能です。右絵のような壁に変更も可能です。ごく一般的な塗装であれば、防カビ性などを備えた☆☆☆☆の水性塗料が良いでしょう。

フローリングが汚れてきたり、インテリアコーディネイトに色彩が合わない時など低価格でリニューアルさせたい時は塗替えがベストでしょう。(塗装以外の改修はリフォームページを参照して下さい。)現状が無塗装の場合は自然塗料系の材料で、塗替えの場合は現状の塗膜を除去し、☆☆☆☆のウレタン系のクリヤー塗料で保護するか、現状の塗膜を除去せずに、☆☆☆☆のウレタン系のクリヤー塗料で再塗装するなどの方法が考えられます。なるべくなら自然塗料による塗装が理想ですが、保護機能が劣るため目的に応じてそれ以外の材料も視野に入れ選択しましょう。コンクリート土間は特殊な使用目的を除きウレタン系防塵塗料を塗装します。

室内の塗替え用塗料は☆☆☆☆認定材料で
生活を営むスペースは低公害性・低臭性・無公害性の塗料で健康に。

6  浴室などの水廻りを塗り替える。

3  床を塗り替える。

通常は縁取り的な要素を持たせるため合成樹脂調合ペイントやウレタン樹脂塗料などの濃彩色で塗りつぶします。もしくは濃いめのオイルステンにて塗装します。

水廻りの塗装目的はもちろん水分から建物(素材)を守ること、カビが発生しにくくすることでしょう。水分をはじきやすくカビの発生を抑える塗料を選びましょう。防カビ性などを備えた☆☆☆☆の水性塗料が良いでしょう。

内装用 土壁

改修方法にはクロスの張替え、ボードの取替えなど色々ありますが、低価格でリニューアルさせたい時は塗替えがベストでしょう。(塗装以外の改修はリフォームページを参照して下さい。)塗れないものもありますがほとんどの素材が塗り替え可能です。防カビ性などを備えた☆☆☆☆の水性塗料が良いでしょう。

基本的にはフローリングと同じです。ただコップについた水滴や料理のこぼし汁等のしみが残りにくい☆☆☆☆のウレタン系のクリヤー塗料で再塗装するなどの方法が良いでしょう。

4  カウンターなどの木部を塗り替える。